2021/01/16 16:23 ウェザーニュース

明日17日(日)は冬型の気圧配置となり、日本海側の地域を中心に雪が降ります。局地的に強まる雪に注意してください。今日は暖かくなったところもありましたが、明日は再び真冬の寒さとなります。

■ 天気のポイント ■

・全国的に真冬の寒さに
・太平洋側は晴れるが、関東など一部で雨も
・日本海側は雪 局地的に強く降る

全国的に真冬の寒さに

一時的に北上していた暖気が去り、日本列島の広い範囲が寒気に覆われて真冬の寒さに戻ります。

今日は4月並みの最高気温となった関東をはじめ、西日本や東海でも最高気温が10℃に届かない所がほとんどです。札幌では最高気温が0℃に満たない真冬日となる予想。各地で防寒が欠かせない一日になります。

太平洋側は晴れるが、関東など一部で雨も

冬型の気圧配置になるため、太平洋側は晴れる所が多くなります。

ただ、関東の沖合などではシアーラインと呼ばれる雲が帯状に連なり、午後は陸地に広がってくる可能性があります。一時的に雨や雪が降る可能性があるため、念のため空模様の変化に注意してください。

日本海側は雪 局地的に強く降る

北陸から北の日本海側の地域では、寒気の影響で雪が降るところがあります。特に北陸や北海道では、小さな低気圧などの影響で局地的に発達した雲がかかり、雪の強まる所がある見込みです。

短い時間に積雪が増加し、路面状況が悪化するおそれありますので、車の運転などの際は十分注意してください。