2021/03/05 05:35 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本は朝から雨に
・関東や東海も午後は雨が降りやすい
・北日本や北陸は融雪災害に注意



今日5日(金)は、西日本の太平洋沿岸を低気圧が東へ進むため、西日本では広く雨が降ります。東日本も雲が広がり、東海や関東でも午後は雨が降りやすくなります。

北日本では暖かな空気が入って気温が上がるため、雪どけによる屋根からの落雪や雪崩、低い土地への浸水などに注意が必要です。

西日本は朝から雨に

西日本では低気圧の影響で午前中は雨の降るところが多くなります。一時的に雨が強まるところがあり、朝の通勤や通学は大きい傘が必要です。

ただ、西からだんだんと雨が止んでくるため、傘の置き忘れに注意してください。

関東や東海も午後は雨が降りやすい

東日本はスッキリしない天気で、関東や東海など太平洋側ほど雨が降りやすくなります。東京などでは帰宅時間帯は本降りの雨となる可能性もあるので、雨具をお持ちください。

また、雨が降るまではスギ花が非常に多く飛散する予想です。花粉症の方は、薬を飲むなど対策をしっかり行ってください。

北日本や北陸は融雪災害に注意

日本海北部から寒冷前線が進んでくるため、北日本の日本海側は天気が下り坂です。雲が多くなり、夕方以降は雨の降るところがあります。

雲が多くても気温は上がり、札幌で今年初めて10℃以上になるなど、春本番の暖かさとなります。雪解けによる屋根からの落雪や雪崩、低い土地への浸水や道路冠水などに注意が必要です。