2021/09/26 05:45 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・東海や近畿は局地的な雷雨に注意
・関東と東北太平洋側はすっきりしない天気
・九州、沖縄と北海道は青空が広がる


今日26日(日)は上空の寒気を伴った気圧の谷の影響で、大気の状態が不安定になります。東海や近畿、北陸などは雨雲が発達しやすく、局地的な雷雨に注意が必要です。関東や東北太平洋側は東からの風の影響で、すっきりしない天気が続きます。

東海や近畿は局地的な雷雨に注意

上空に寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、東海や近畿、北陸などは大気の状態が不安定で、すでに雨が強まっている所もあります。

湿った風が東から吹き込んでくる影響もあり、この後も雨雲が発達し、雷を伴った激しい雨が降るおそれがあります。雹や突風を伴うこともあり、天気の急変に注意が必要な一日です。

関東と東北太平洋側はすっきりしない天気

昨日25日(土)と同様に北東からの冷たく湿った風が吹き込んで、関東や東北の太平洋側は雲の広がりやすい天気が続きます。時々雨の降ることがありますので、外出の必要がある場合は折りたたみの傘など雨具をご用意ください。

気温は昼間もあまり上がらず、半袖では肌寒いくらいです。

九州、沖縄と北海道は青空が広がる

九州、沖縄と北海道は大きな天気の崩れがなく、晴れる所が多くなります。九州、沖縄は暖かな空気に覆われて気温が上がり、昼間は30℃を上回る残暑となる見込みです。

北海道は冷たい空気に覆われるため朝晩は冷え込みが強まります。昼間は過ごしやすい秋の陽気です。