2021/10/22 05:22 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東や東海は気温上がらず冷たい雨
・西日本は日本海側と太平洋側で雨
・北日本は太平洋側で日差し届く



今日22日(金)は日本の南の海上を進む低気圧の影響で、関東や東海を中心に雨が降りやすくなります。北東から冷たい空気が吹き込む関東は、昼間も12月上旬並みの寒さとなる予想です。

西日本は太平洋側だけでなく日本海側でも雨が降り、雷を伴うこともあります。

関東や東海は気温上がらず冷たい雨

関東や東海は雨が降りやすく、沿岸部を中心に本降りとなります。東海は午後になると雨の止むところが増えてきます。関東は夕方から夜にかけても雨の続くところがあり、傘の手放せない一日です。

雨に加えて北から冷たい風が吹き込むため、関東は昼間も12℃前後までしか気温が上がりません。冬を感じるような寒さとなるので、雨だけでなく寒さ対策も必要です。

西日本は日本海側と太平洋側で雨

西日本は太平洋沿岸で午前中を中心に雨が降りやすくなります。午後は天気が回復して日差しの届くところが増える見込みです。

日本海側は断続的に雨が降り、夜は山陰などで雷を伴って強く降るおそれがあります。急な雨の強まりや落雷に注意が必要です。

北日本は太平洋側で日差し届く

北日本は冬型の気圧配置が弱まり太平洋側では日差しが届きます。日本海側も雨や雪の降るところは少なくなる見込みです。

ただ、北海道では引き続き寒気の影響を受けやすく、雨の降りやすい天気が続きます。山沿いではみぞれや雪が降るところもありそうです。