2021/10/26 05:12 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東は天気回復へ 東北太平洋側は荒天
・西日本太平洋側は晴れて暖か
・日本海側はスッキリしない空



今日26日(火)は関東の南東の海上を低気圧が発達しながら北東に進みます。

関東はだんだんと雨や風が収まり天気回復に向かいます。東北太平洋側では雨や風の強まりに注意が必要です。

関東は天気回復へ 東北太平洋側は荒天

関東の南東の海上を進む低気圧の影響で、関東では朝まで、東北の太平洋側は昼頃まで沿岸部を中心に雨や風が強まり荒れた天気となるおそれがあります。特に房総半島や茨城県、福島県の沿岸では雨や風が強く、5時現在で千葉県や福島県の一部に暴風警報や波浪警報が発表されています。

ただ、急速に天気は回復に向かい、関東では昼頃から、東北太平洋側でも夕方には晴れ間の広がる見込みです。

西日本太平洋側は晴れて暖か

西日本は太平洋側ほど天気が回復して青空が広がります。ただ、山陰や近畿の日本海側を中心ににわか雨の心配があるので、折りたたみ傘があると安心です。

朝晩は肌寒くても昼間は気温が上がり、ほとんどのところで20℃を超えて暖かくなります。一日の体感差が大きくなるため、調節しやすい服装がおすすめです。

日本海側はスッキリしない空

北陸や東北日本海側はスッキリしない天気で、雨の降ることがあります。北海道の日本海側も、日差しが届いてもにわか雨の可能性があるため外出の際は雨具をお持ちください。

太陽の下では暖かく感じられても、朝晩を中心に肌寒く感じられそうです。