2024/02/24 16:36 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西から雨や雪の範囲が拡大
・東北は夜以降、大雪に注意
・近畿から関東は気温上がらず真冬の寒さ

三連休最終日の明日25日(日)は本州の南の海上に低気圧が発生して東に進みます。西日本は朝から雨や雪の降る所が多く、午後にかけては関東や東北にも広がる見込みです。

近畿や東海、関東などは気温が上がらず、寒さの厳しい一日になります。

西から雨や雪の範囲が拡大

西日本や東海は朝から雨や雪の降る所が多くなります。九州や中国地方は昼頃まで、四国や近畿、東海は午後にかけて断続的に降る見込みです。

中国や近畿、東海の内陸部・山沿いは朝を中心に雪となり、標高の高い所では積雪の可能性があります。車で移動する場合は十分に注意が必要です。

関東も午後は雨が降り出すため、お出かけには雨具が欠かせません。

東北は夜以降、大雪に注意

東北の早い所では昼過ぎから雪や雨となります。夕方以降は雪の勢いが増し、夜にかけては内陸部を中心に強く降る見込みです。

内陸部や山沿いでは大雪になる所があり、平野部でも積雪が予想されます。夜の遅い時間ほど積雪が増加するおそれがありますので、帰宅時は車の運転などに十分注意をしてください。

近畿から関東は気温上がらず真冬の寒さ

天気が崩れる影響で、近畿や東日本では今日24日(土)よりも気温が低くなります。昼間も気温が上がらず、最高気温は大阪市や名古屋市で7℃、東京都心は5℃の予想です。雨や雪が降ることで体感温度はささに低くなるとみられます。最大限の防寒を行ってお過ごしください。