2024/06/18 10:10 ウェザーニュース

今日18日(火)は梅雨前線上を進む低気圧の影響で、太平洋側で雨雲が発達しています。強い雨の中心は西日本から東日本に移ってきていて、午後にかけては東海、関東で大雨に警戒が必要です。

活発な雨雲は次第に東日本へ

本州の太平洋沿岸に梅雨前線が伸びていて、前線上の低気圧が四国付近を進んでいます。低気圧の前面には南から非常に暖かく湿った空気が強く流れ込んでいるため、雨雲が発達している状況です。

今朝、四国などに強雨をもたらした活発な雨雲は東進し、雨の中心は近畿から東海へと移ってきました。関東でも朝に比べると土砂降りの所が増えてきました。

10時00分までの1時間には静岡県伊豆市・天城山で32.5mmの激しい雨、和歌山県新宮市で23.5mm、千葉県大多喜町で21.0mmの強い雨。名古屋市では10.5mm、東京都心は10.0mmのやや強い雨を観測しています。和歌山県の一部の地域には土砂災害警戒情報が発表中です。

局地的には非常に激しい雨の降るおそれ

東海ではこれから昼過ぎにかけてが雨のピークで、局地的には1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨の降るおそれがあります。関東は夕方まで活発な雨雲が通過しやすく、東京都心など都市部でも土砂降りの雨となる見込みです。

中小河川が急激に増水したり、道路冠水や低い土地の浸水などのおそれがあります。帰宅時間帯と強い雨が重なる可能性がありますので、最新の雨雲の状況を確認し、可能であればピークを過ぎるまで移動の時間をずらすなどの対応を取るようにしてください。