2024/06/25 09:56 ウェザーニュース

ベトナムでは24日(月)の夜から北部を中心に断続的に強い雨が降っています。26日(水)にかけて大雨となるおそれがあるため、現地の気象当局は雨による災害への警戒を呼びかけています。

6月1か月分の大雨になる可能性

日本列島に梅雨空をもたらしている梅雨前線は東シナ海から中国大陸へと長く伸びています。梅雨前線に向かって南シナ海から暖かく湿った空気が流れ込むことで、ベトナムは北部を中心に雨雲が発達しやすい状況です。

24日(月)の夜から25日(火)未明にかけての半日弱で、多い所では70〜80mmのまとまった雨を観測しました。湿った空気の流入は明日26日(水)にかけて続く見通しで、雨量はさらに増えるとみられます。

明日朝にかけて北部では50〜100mmの雨が予想され、局地的には150mmに達する見込みです。総雨量はこの地域の6月の平年雨量に近い200mm以上に達する可能性があります。大雨により鉄砲水、山間部での地滑り、低い土地での洪水などのおそれがあるため、現地の気象当局は警戒するよう情報の発表を行っています。