フィンテック参入のウォルマート、商標登録申請書から新たなスタートアップの詳細が明らかに【Fox Business 4/8】
米特許商標庁は現地時間3月29日、ウォルマートによる新たなフィンテックスタートアップの商標出願書類を公開。この書類によれば、同社がフィンテック関連VCのリビット・キャピタル(Ribbit Capital)との提携で立ち上げるスタートアップの名称は「Hazel by Walmart」となり、その事業概要はモバイル決済や銀行振込、クレジットカード/デビットカード/プリペイドカードの取引の処理、クレジットカードの発行、融資、不正な電子決済の払戻し、「仮想通貨のトランザクション処理」の提供などになるという。

原文:Walmart trademark filing offers new details on its fintech startup(https://www.foxbusiness.com/technology/walmart-files-trademark-fintech-startup)

中銀デジタル通貨の発行を推進するスウェーデン【Fortune 4/8】
スウェーデン中央銀行のリクスバンク(Riksbank)は先ごろ、同国が将来的導入を目指す中央銀行デジタル通貨(CBDC)である「eクローナ」のテストの第一フェーズが完了したこと発表。アクセンチュアとの協力で行われたこのテストでは、米ブロックチェーン企業のR3のブロックチェーン技術を活用し、試験環境でのシミュレーションが実施されたという。リクスバンクは引き続きアクセンチュアと協力し、次のフェーズには商業銀行やその他のオンライン決済サービスも参加する見込み。

原文:Sweden pushes ahead with a digital currency rollout—just don’t call it a ‘crypto asset’(https://fortune.com/2021/04/07/sweden-pushes-ahead-with-digital-currency-roll-outjust-dont-call-it-crypto-asset/)

ティーンエイジャー向けチャレンジャーバンクの設立を目指すVybe【Tech Crunch 4/9】
フランススタートアップのVybeは先ごろ、ティーン向けチャレンジャーバンク(銀行免許を保有するデジタル銀行スタートアップ)設立を目指して新たに290万ドルを調達。同社はeウォレットと連携するMastercardの決済用カードを試験的プロダクトとして提供しており、すでに約26万人のティーンエイジャーがこのカードを事前予約しているという。ティーンエイジャー向けのバンキング・プロダクトは収益性が高く、フランス国内ではKardやPixPay、Xaalysなどの企業が参入を試みている。

原文:Vybe raises $2.9 million for its challenger bank for teens(https://techcrunch.com/2021/04/09/vybe-raises-2-9-million-for-its-challenger-bank-for-teens/)