■前回のあらすじ
「母親失格」とまで言う義母の言葉に怒りとショックを抱えながら、実家の母の元へ。すると母は「義母の気持ちも分からなくはない」と話し始め…。

母は、私と年の離れた姉が子どもを産んだばかりの話をし始め…。

母の話を聞いて、これまで義両親に言われた言葉すべてに共感はできないものの、勇太のことを大切に思っているがゆえに出た言葉であることは納得できました。

だからこそ、私も今まで何を言われても強く言い返さずに我慢してこれたのだと思います。


こうして私は、母と話し合って「ある作戦」を立てました。

単なる仕返しではなく、ちゃんと義両親と腹を割って話し合うために、私は「ある作戦」を実行に移すことに決めたのです。




※この漫画は実話を元に編集しています

(ハイボリューム 編集部)