■前回のあらすじ
義母が骨折したと聞き、慌てて見舞いに行くも、「心配しないで」と優しく言う義母に美幸は心配を隠せずにいた。しかし、退院した義母の元へ訪れると美幸への不満を吐き出す義母の姿が…。
骨折した義母を心配してたずねたところで、聞こえてきた夫と義母の声。これまでの義母とは打って変わって辛辣な言葉に、部屋に入ることもできず、私はその場で立ちすくんでしまいました。



これまで良かれと思ってしてきたことがすべて義母にとっては不満だったと知った私。そんなとき…。




私が義母の言葉を真に受けて行動してきたものが、すべて義母にとっては非常識なことで、義母の本心が違うところにあるとはまったく気づいていませんでした。

驚きすぎて固まってしまった私の正気を戻したのは夫の声でした。


※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)