このお話は作者が体験した恐怖体験です。怖いのが苦手な人はお控えください。■前回のあらすじ
義父の提案で、以前とは別の神主さんにお祓いしてもらうことに。さっそく神社に向かうも、私を見るなり「これ以上入らんでおくれ!」と言われてしまい…お祓いはあらためて別の日に行うことになりました。






「逃げたらおえん」とは、「逃げたらダメ」という意味です。

神主さんは若めに描いているけど、結構お年を召されていて激しめの岡山弁でした。


(大盛 のぞみ)