この漫画は書籍『親ガチャにハズれたけど普通に生きてます』(著者 上村秀子)の内容から一部を掲載しています(全8話)。

■前回のあらすじ
友だちのようにふるまうのも、ママと呼ぶのも拒否する母。秀子は、自分が母にとって一体何なんだろうと感じてしまったのです…






義父に、進学したければ自分でお金をどうにかしろと言われた秀子。

大学に行ってから怒鳴られることが多くなった姉を見て、姉のようになるくらいなら、進学なんてせず就職して家を出よう…そう密かに決意したのです。

『親ガチャにハズれたけど普通に生きてます』
著者 上村秀子 (KADOKAWA) 1,210円(税込)

美しく輝いていた母を誇らしく感じていたと同時に、母の理不尽な暴力に怯えていた主人公。父の浮気が原因で両親が離婚し、新しい義父と母と姉と4人で暮らすようになり、母の理不尽な暴力がひどくなっていきます。義父は、美しい母の夫であり父親ではなく…。こんな両親の下で育った幼少期から現在に至るまでに、主人公に襲いかかるさまざまな出来ごと…。主人公が現在の普通の生活を手に入れるまでの実体験を綴ったお話です。


(ウーマンエキサイト編集部)