■前回のあらすじ
夜中に目を覚ますと、頭上には首だけのおじさんが…。その首はその後床へと消えていき…。塩がなかったのでとりあえず近くにあったスプレーを吹きかけておいたのでした。

幽霊? それとも幻覚?


タカギさんが失踪!?

なんと、タカギさんが失踪して、繁忙期の職場はさらに大忙しに。もう部屋に帰りたくないと思っていましたが…これなら幽霊がいる汚部屋の方がマシかもしれません…。

職場はさらにギスギスし、精神的にも体力的にも追いつめられることになります…。


(モンズースー)