■前回のあらすじ
実家の手伝い中につわりで具合が悪くなったマコト。だが実母はそれを気合が足りないと激怒するので、休むこともできずに帰宅。マコトが寝込んでいると夫が心配してきて…。






そんなことで母の用事を断れるなら、最初から嘘をつけばいいと思われるかもしれません。
しかし、私はこれまで母に嘘をつくことに大きな罪悪感を感じていました。「嘘つきなダメな子ね」と母に言われていた言葉が蘇るようで…。

今回お義母さんが味方してくれたことで、私は初めて罪悪感を感じずに済んだのです。



※この漫画は実話を元に編集しています

(フィクション・スタジオ)