この漫画は書籍『母親を陰謀論で失った』(原作:ぺんたん/漫画:まきりえこ)の内容から一部を掲載しています(全17話)。 ■前回のあらすじ
友人に相談しても分かってもらないもどかしさを解消したくて始めたSNSで、同じような経験をしている人が少なくないと分かって…。ナオキは、そこで繋がった人たちに座談会をしようと提案しました。








家族の幸せを思うあまりに、陰謀論にはまってしまった家族たち。

優しかった人が陰謀論を信じて変わってしまうなんて、信じたくなかったのでした。



『母親を陰謀論で失った』
原作:ぺんたん/漫画:まきりえこ(KADOKAWA) 
書籍「母親を陰謀論で失った」はこちら

東京で妻と暮らす息子と、地方で父と暮らす母親は、どこにでもいる仲の良い親子でした。しかし、ある時期から母親が息子に怪しい動画を送りつけてくるようになり…。大好きだった母親が陰謀論に振り回されて豹変していく様を目の当たりにすることになるのでした。


(ウーマンエキサイト編集部)