■前回のあらすじ
若者に忍び寄るネット社会の闇。いつしか家族までをも巻き込む大きなトラブルに発展することに——。夏休みに久しぶりに帰省した大学生の兄・栗太。何気ない会話を通して妹のくるみは、兄のただならぬ異変を感じることに。出張から帰宅した父親に希望の就職先についてたずねられた栗太は、FXやネットワークビジネス、仮想通貨でビジネスがやりたいと息巻くのでした。しかし父親は、全部無理な話だと釘を刺すことに。一方、憧れの宝社長から個人セミナーの誘いを受けた栗太は、父親の腕時計を質屋に持ち込み、セミナー代100万円を用意。宝社長の助言通り、金持ちを装って投稿を始めます。そんなある日、父親から例の時計について聞かれた栗太はついに観念し、質屋に持って行ったことを白状するのでした。激怒した父親から実家に来るように告げられた栗太は翌朝、両親から追求を受けることに…

■父親に謝るように促す母親に…




■母親を侮辱する栗太の言葉に…

父親にキチンと謝るよう母親に注意を受けた栗太は、「母さんは黙ってろよ」と反発。

「世間も何もわかっていない」「父さんがいない生活ができない寄生虫」と母親を侮辱する言葉を口走ります。

その言葉を聞いた父親は激怒し、母親に謝るように詰め寄るも、栗太は…。



(土井真希)