■前回のあらすじ
若者に忍び寄るネット社会の闇…。夏休みに久しぶりに帰省した大学生の兄・栗太でしたが、妹のくるみは、兄のただならぬ異変を感じることに。就活について聞かれると、FXやネットワークビジネス、仮想通貨でビジネスがやりたいと息巻く栗太。しかし父親は、全部無理な話だと釘を刺します。一方、憧れの宝社長から個人セミナーの誘いを受けた栗太は、父親の腕時計を質屋に持ち込み、セミナー代100万円を用意。宝社長の助言通り、金持ちを装って投稿を始めます。そんなある日、父親から例の時計について聞かれた栗太はついに観念し、質屋に持って行ったことを白状します。翌日実家に呼び出された栗太は、自らの発言により父親から絶縁宣言されることに。そして夏休みが終わり、ひさしぶりに再会した友人の友一郎からは最近のSNS投稿を見て心配していたと言われ…。


■真面目なだけじゃ限界がある…



■待ち合わせ場所にいたのは…

真面目だけでは限界があるからこそ、要領よく賢く生きないと、と自ら言い聞かせる栗太。

再びSNSに投稿すると、「会って話がしたい」とメッセージを受け取ることに。

しかし待ち合わせ場所に指定されたのは栗太が通う大学前の食堂。恐る恐る訪れると、そこにいたのは妹のくるみだったのです。



(土井真希)