■これまでのあらすじ
夫の転勤を機に、娘・柚希を新しい幼稚園に通わせ始めた透子。柚希はなかなか友達ができずにいたが、娘が同じクラスだという真弓の声がけによって、ようやく園に馴染み始める。しかし、真弓がリーダーのママ友グループに入ってみると、「幼稚園には真弓より早く来る」などの謎ルールが存在。透子は悪口陰口にもうんざりし、グループを抜けたいと思うようになる。

そんなある日、ひとりのママ友から「グループを抜けたら子どもたちも一緒に遊べなくなる」と聞かされる。過去には真弓と揉めて転園したママもいるといい、後日、それが透子の友人・美千代だと判明する。

美千代と絶縁状態だという真弓は、透子と美千代の仲を知って大激怒。「私よりあの人を選ぶならグループを抜けて」と言われるが、透子は「それで構いません」とグループを退会して…。







予想はしていましたが、翌日から真弓さんに無視されました。萌さんと紗和さんは従うしかないようで、気まずそうにしていました。気にしないなんて強がりたいですが、やはり心はしんどいです。もうママ友付き合いはこりごり…。他のママに声をかける気力も湧かない私は、誰ともつるまないでいました。

何よりツラかったのが、親のトラブルのせいで娘が一人でいる時間が増えたことです。先生に相談するのも躊躇ってしまい、すっかり落ち込んでいた時に声をかけてくれたのが、美千代さんで…。真弓さんとのことを聞いてみると、やはり彼女もママ友付き合いからトラブルになり、この幼稚園をやめていました。


イラスト:まりお、原案:ウーマンエキサイト編集部
(ウーマンエキサイト編集部)