雪の中でも元気に遊びまわる子どもたちにとって、スノーブーツは必須のアイテム。人気のブランドや靴メーカーからもたくさんの種類が販売されていますが、どのような基準で選べばよいのでしょうか。今回は、子ども用スノーブーツの選び方や、防水・防寒・安全性などで選んだおすすめ商品をご紹介します。

子どもの雪遊びを快適に!キッズスノーブーツ

雪が積もった日の外遊びは子どもにとってまた特別なもの。寒さに関係なく外に飛び出して行きますよね。また、雪が降ることが多い地域の子は、積雪に関係なく登園・登校することも少なくないでしょう。そんな雪の日の外歩き、外遊びをより快適にしてくれるのがスノーブーツ。

スノーブーツは、その名のとおり、雪の日に使用することを想定につくられたブーツで、雪の中でもできるだけ冷たさを感じないよう、防水・撥水や防寒のための機能が備わっています。子ども用のものは凝ったデザインも多く、ポップでおしゃれなブーツが豊富。ぜひ子どもと一緒に選んでみてください。

子ども用スノーブーツの選び方

子どもが身に着けるものは、より快適さや安全性を重視して選びたいですよね。失敗しないために押さえておきたい、子ども用スノーブーツの選び方のポイントをご紹介します。

まずは防水性をチェック

雨や雪が靴に染み込んで不快な経験をしたことがある人は多いでしょう。防水機能が高いか否かで快適さが変わってくるので、防水性はまっさきにチェックしたいところです。雪が染みこむのを完全に防ぐのであれば、「完全防水」と表記されたスノーブーツを選びましょう。

ただ、完全防水タイプは防水性を高めるために生地が厚めになっており、重さがあったり履きづらかったりする場合も。重量や歩きやすさ、履きやすさも考慮して検討することが大切です。

反対に、軽さや履きやすさを重視し、「完全防水」としていないスノーブーツも多くあります。完全防水でないからといって簡単に水分が入り込んでくるわけではなく、靴底から数cmの高さまでを防水とした一部防水のものがほとんど。それほど深い雪の中で使わないと想定できるのであれば、こちらのタイプのものでもよいでしょう。

防寒のための機能がついているか

続いてチェックしたいのが防寒性。スノーブーツは、当然寒い環境の中で使用することが多くなります。子どもの足が冷えてしまわないよう、内側にボア素材やニット素材が使われているものなど、防寒性の高いブーツがよいでしょう。また、履き口が絞れるタイプのものは、より保温効果が高くおすすめです。

滑りにくいものが安心

寒い季節の道路はアイスバーンなどで滑りやすくなっています。安全に楽しく雪遊びをするためにも、防滑性もチェックしておきたいですね。ブーツの裏の素材がゴム製のものや、スパイクつきのブーツが滑りにくくおすすめ。ゴムは天然ゴムよりも合成ゴムのほうが滑りにくいですよ。

できるだけ軽量のものを選ぶ

完全防水にしろ一部防水にしろ、その中でもできるだけ軽量なブーツを選びましょう。子どもが動きにくいほどの重量があるブーツだと、とっさにすばやく動けず、事故やケガにつながる可能性もあります。

目安は、片足500g以下。キッズブーツの多くは片足で500gまでの重量となっており、動きやすい重さでつくられています。中には、素材などを工夫し、200gほどの軽量で抑えられているものもあるのでチェックしてみてください。

ショート丈かロング丈か

スノーブーツの長さは、大きく「ロング丈」「ミディアム丈」「ショート丈」に分けられます。ロング丈はふくらはぎ部分もしっかり覆ってくれるので、より防寒性も高いでしょう。深く積もった雪の中で使ったり長時間雪遊びをするのであれば、ロング丈が向いています。少しの積雪や普段使いであれば、ミディアム丈やショート丈でも問題ないでしょう。スノーブーツで登園・登校する場合は、下駄箱に入る長さかどうかも考慮したいですね。

デザインもこだわろう

子どもがごきげんで使えるよう、デザインも重視したいですね。子ども向けスノーブーツも、シンプルなものから男の子が気に入りそうなかっこいいデザインのもの、女の子が喜びそうなかわいい模様が施されたものまで、デザインは豊富。防水性や防滑性、防寒性などをチェックしたら、あとはお子さんに気に入ったデザインのブーツを選んでもらうのがよいでしょう。

おすすめ子ども用スノーブーツ7選

選び方はわかっても、お店に行けばたくさんの種類があり、どれにしようか迷ってしまいますよね。そこで、人気ブランドなどおすすめの子ども向けスノーブーツをピックアップ。迷ったらこちらから選んでみてはいかがでしょうか。

【プーキーズ】ブーツ PK-EB510

キッズ用スポーツシューズブランドとして人気のプーキーズから発売されている子ども向けブーツです。底はEVA素材、周囲は合成ゴム素材でつくられた完全防水タイプで、子どもの足が濡れるのを防ぎます。内側にはボアもついていて防寒性もばっちり。ボアは取り外し可能で、外せばレインブーツとしても使えます。

【MORENDL】スノーブーツ

完全防水ではないですが、とにかく軽く履きやすいのが特徴。ブーツ表地の内側が防水フィルムで包まれているので、完全防水ではなくとも、耐水性には優れています。ナイロン・スポンジ・綿が素材に使われているので、お子さんの足を温かく包んでくれますよ。

【ホビベアー】スノーブーツ

雪の中だけでなく、登山にもぴったり。アウトドアの遊びが大好きなお子さんにおすすめです。底はゴム製で、滑り止めつき。男の子が履いても女の子が履いてもかっこよく決まる、ユニセックスなデザインもポイントです。

【コロンビア】ウィンターブーツ

アウトドア用品で有名なコロンビアの子ども向け防水スノーブーツです。そのまますっと履けるスリッポンタイプ。履き口がきゅっと絞れるストラップ付きです。シンプルなデザインですが、カラーはパープルやブラック、ブルー、レッドなど豊富。お子さんが気に入るカラーも見つかるでしょう。

【WYSBAOSHU】キッズブーツ

外側は天使の羽、裏のソールには動物の絵柄が施されたなんとも可愛らしいスノーブーツ。ブーツの内側はボア素材で温かく、保温性、防寒性にも優れています。温かくおしゃれなこちらのブーツは、クリスマスのプレゼントなどにも喜ばれそうですね。

【UBELLA】スノーブーツ

マジックテープ式で子どもでも履きやすくなっているのが特徴。裏起毛で温かく、また、防滑機能や耐磨機能も備わっています。表面の記事に描かれた雪の結晶の模様もスノーブーツらしくてかわいいですよね。色は、ピンク、パープル、ブラックの3色です。

【アモジ】キッズ スノーブーツ

前開きタイプで、子どもに履かせるのもラクラク。ある程度大きいお子さんであれば、自分で簡単に着脱できますよ。内側はボア素材。側面だけでなくインソールにも柔らかなボアが敷かれているので、保温性もばっちりです。

まとめ

子どもに一足は用意したいスノーブーツ。意外にも選ぶ際のチェックポイントが多くて驚いた人もいるかもしれませんね。ただ、これらのチェック項目をクリアした子ども向けスノーブーツは数多く販売されています。きっとお子さんのお気に入りのスノーブーツが見つかるでしょう。