クッキーの中でもしっとりとふにゃっとしたクッキーが好きで、いろんなお店のものをよく食べていた私。おうち時間が増えた今、なんとか家で再現できないかと試行錯誤を重ねた結果、ついにレシピを開発! しかも、とっても簡単なんです。子どもと一緒に作れる、我が家の定番になったクッキーレシピをご紹介します。

こんにちは! 整理収納アドバイザーのゆりんごです。おうち時間が増えた今、お子さんとお菓子を作る機会が増えたという方も多いのではないでしょうか?

やわらかくて、しっとりふにゃっと噛めるクッキーが大好きな私。どうにかおうちでも再現できないか? と思い、何度も作ってみた結果、お気に入りのレシピができました。

お菓子作りってちょっとハードルが高いなあと思う方でも、とにかく簡単に作れてしまうので、ぜひお子さんと一緒に作ってみてくださいね。

チョコレートチャンククッキー

しっとりふにゃっと! チョコレートチャンククッキーの作り方

【材料(9枚分)】

・サラダ油…40g

・グラニュー糖…60g

・はちみつ…30g

・バニラエッセンス…少々

・薄力粉…120g

・ベーキングパウダー…ティースプーン1杯程度

・牛乳…大さじ1

・チョコ…50g

ボウルで混ぜるだけの簡単レシピ

【作り方】

① オーブンを170度に予熱しておく。

② はかりの上にボウルをのせ、材料を上から記載されている順番に入れていき、ゴムベラでその都度混ぜる。

③ 9等分して丸めたら、天板にクッキングシートを敷き、手のひらで平らに押しながら並べる。

子どもと一緒に作るのも楽しいですよ

④ 170度のオーブンで13〜14分焼く。

※少し白っぽくてもOK! 焼きすぎるとふにゃっとさがなくなるので、もう少しかな? くらいで大丈夫です。

⑤ 形が崩れないように、焼けたら冷めるまで天板かクッキングシートにそのまま置いておく。

⑥ 冷めたらできあがり。

オーブンの仕様により焼き加減が変わる場合がありますので、焼け具合を見ながら時間を調整してみてくださいね。焼きすぎにご注意ください。

焼きあがった後は天板の上で冷めるまで待ちましょう

乾燥してしまうと固くなってしまい、せっかくのふにゃっと感がなくなってしまいます。冷ました後はペーパーバッグかジッパーバッグ等に入れて保管してくださいね。

冷ました後はペーパーバッグかジッパーバッグへ。

ちょっとしたおやつにも喜ばれる!

チョコレートチャンククッキーのラッピングにはセリアのペーパーバッグがぴったり。

おいしくたくさん焼けたら、ついおすそ分けしたくなりますよね。

けれど手渡しするのにラップやビニール袋では味気ないなあ……という場合に使える、とてもぴったりな商品がセリアにあるのでご紹介します。

【セリア】ペーパーバッグ スペシャリティ柄SS

セリアのペーパーバッグ スペシャリティ柄SS

こちらは食品を直接入れることができるので、クッキーを1枚ずつ入れてラッピングすることができます! 入れる場合は、しっかり冷ましてからにしましょう。

SSサイズはクッキーが1枚入るサイズになります。このほかにもポテトを入れられるくらいのSサイズ、ハンバーガーが入れられるくらいのMサイズがあり、110円で12〜25枚とコスパもよく、見つけたら買い置きするようにしています。

セリアのペーパーバッグ スペシャリティ柄SS

油をたくさん使っているクッキーなので、ただのペーパーに包むだけだと時間が少し経つと油がどんどん染みてきてしまうのですが、こちらは耐油紙を使用しているため染みてこないのです……! とても便利な商品なのでオススメです。

セリアのペーパーバッグでラッピングしたチョコレートチャンククッキー

こんなふうに口を折って閉じるだけで、ちょっとおしゃれなクッキーに早変わりです!

プラスチックのギフトバッグも直接食品を入れられるものがありますが、そちらは4〜5枚で110円とコスパがそこまでよくないため、プレゼント感をより出したい特別なときに使うようにしています。

まとめ

コーヒーとぴったりなチョコレートチャンククッキー

子どものおやつにも、コーヒーのお供にもぴったりなチョコレートチャンククッキー。

難しい作業はないので、お子さんとのクッキー作りにもぴったりですし、卵とバターを使わないので、コスパもいいんですよ。

おうち時間にぜひ試してみてくださいね♪