テレビやクーラー、その他の電気機器など、何かと数も種類も多いリモコン達。みなさんはどんなふうに収納していますか? 今回は、よくどこかへ行ってしまいがちなリモコン類を、ひとまとめにできる便利なアイテムについてご紹介したいと思います。

こんにちは。おうち時間が増えたと同時に、最近テレビを買い換えましたankoです。

もともと使っていたテレビもまだまだ現役だったのですが、自粛ムードでストレスの溜まった旦那の機嫌取りのために、旦那が以前から欲しがっていたテレビを購入しました。

つまり情けない話ですが、旦那の機嫌をお金で買ったという訳です……。

緊急事態宣言の発令から、小学生である子どもたちも休校が長引き、室内遊びだけでは毎日事足りず、テレビやゲームなどに頼ってしまう日々もしばしば……。

そして子どもがテレビのリモコンを触り出すと、必ずといっていいほどリモコンが行方不明になる我が家。

「どこへ行った?」と探すと、ソファーの隙間に挟まっていたり、雑誌や玩具の下敷きになっていたり……。ひどいときには、誰かどんな意図でそこに置いたのか、玄関に置かれていたなんてこともありました(泣)

どうしてそんなことが起きてしまうのか?

それは、リモコンの【定位置】というものがないからなんです。

リモコン探しの原因は、定位置がないから

定位置というのは、定められた位置や場所のことを指します。

私自身、テレビのリモコンはテレビボードの上にあればいいだろう……ぐらいにしか思っていなかったので、ちゃんとした定位置というものを今まで決めていませんでした。

また、これだけリモコンが頻繁に行方不明になっているにも関わらず、家族間でもそうした場所を明確にしたことがなかったので、毎日なくしては探す、を繰り返していたのです。

自分だけが使うものであればいいかもしれませんが、家族みんなが使うものならなおさら、そうしたものの定位置を決めておくのは大事なことです。

そこでこの機会に、新しくお迎えしたのがこちら!

こちらは「リモココ」という、まさにリモコン収納のための便利アイテム!

名前の通り「リモコンはココですよ」と、ちゃんと定位置を決めることができる上、ひとつに4つまで収納が可能なんです。

毎年暑い時期になると、我が家では暑がりな旦那と息子、寒がりな私と娘の二手に分かれて、クーラーの温度の上げ下げ合戦が始まります。

そんなときでも、リモコンはここ!とちゃんと決めておけば、あちこち探し回らずに済みます。リモコンが見つからないことで、家族間がギスギスすることもひょっとしたらなくなるかもしれませんね。

使い勝手の良さはデザインにあり

この商品、見た目はカクカクと硬いイメージなのですが、その見た目とは逆に、エラストマーという柔らかい素材でできているため、テレビボードなどの木製家具の上に置いても家具が傷つく心配がなく、またもし万が一落としてしまったとしても、割れる心配もないのです。

そしてこの真っ直ぐではない絶妙な角度! この角度により、中に入れたものを出し入れしやすく、微妙な高さの違いによって、何が入っているのかも見やすくなっています。

リモコンだけに限らず、デスク周りでこんな風に文房具を収納しても、スッキリして分かりやすいですよ。(ちなみにこちらは娘のランドセルラックの上になります)

まとめ

こちらの商品、使っているうちに汚れが気になることもあるかと思いますが、こちらは汚れたら丸洗いもできるため、清潔に保つことができます。

また、リモココというネーミングなだけに、リモコンしか入れてはいけないの?と思いがちですが、先ほどのような文房具などの整理はもちろん、柔らかい素材でできているため、大事なめがねや時計などのちょっとした置き場としてもいいかもしれません。

場所を取らず、ちょっとしたスペースにも置くことができるため、あちこち置いてしまいがちなものこそ、ここにひとまとめにしてしまうと見つけやすいのではないかと思います。

いろんな使い方ができる便利なアイテム! ぜひチェックしてみてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。