夫婦と言えど、もともとは赤の他人。夫のことを理解しているつもりでも、まだまだ隠された部分が存在しているかも……。あなたの家庭は大丈夫ですか? そこで、ママたちに結婚してから気づいた夫のクセや性格についてアンケートを実施しました。知りたくなかったあんなことやこんなことまで、赤裸々にお伝えします!(イラスト:まちこ @achiachiachico)

食生活のクセが強い

しゃぶしゃぶみたいな味のついてない肉とか、ミンチ肉が食べられない。

(33歳/小売店/販売職・サービス系) マヨラーだったこと。

(40歳以上/専業主婦) 甘いものは嫌いかと思ってたら、ケーキやお饅頭などよく食べている。

(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

恋人時代はデートで外食が普通でも、結婚すればそうはいきません。外では見えなかった食の好みが、家庭に入れば明るみに出ることになります。「せっかく作ったのに、マヨネーズを大量にかけないと食べられないってこと?」「隠れて甘いものを食べると、糖尿になる〜!」などなど、妻の悲鳴が聞こえてきそう。

金銭感覚が違っていた

お金にうるさかった。お金を貯めるためだからしょうがない。

(26歳/小売店/専門職) とにかく経済観念がない。

(40歳以上/人材派遣・人材紹介/技術職) 趣味を持つことが好きで、浪費しやすいこと。

(37歳/情報・IT/事務系専門職)

金銭感覚は、夫婦ゲンカの大きな原因になります。独身時代と同じ感覚でお金を使われたらたまりません。逆に、お惣菜ひとつ買うだけで文句を言ってくる夫もそれはそれで困ります……。2人のお金の使い方を、一度キッチリ話し合う必要がありそうです。

性格が……違う?

無口でおとなしいと思っていたら、単に気が利かないだけだった。

(40歳以上/金融・証券/事務系専門職) 全然怒らない人だと思っていたけど、意外と短気なところがある。

(28歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

「結婚前はあまり怒らなかった夫が、結婚後は怒ったり怒鳴ったりする」という答えが散見されました。これは、本性を隠していたということなのでしょうか? 言葉の攻撃もDVのひとつですし、機嫌が悪くなることで人をコントロールするタイプの男性もいますから、要注意です。

め、面倒くさい!

潔癖症! ワイシャツの白さへのこだわりが半端ないです。

(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職) 料理の味つけの好みを、結婚してから詳しく言ってきた。結婚するまでは合わせていたけど、長く食べるなら出身地の味も覚えてほしいと。

(37歳/商社・卸/秘書・アシスタント職) お酒を飲むと気が大きくなって、普段言えない文句や愚痴を言ってくる。

(39歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

「結婚前までは合わせていた」「嫌われるかもしれないと思って隠していた」という人もいますから、難しい問題。友だちにグチると、「結婚前にわからなかったほうが悪い」と言われたりもしますが、わからなかったからこそ悩んでいるわけで……。結婚って、本当に難しいですね……。

慣れるしかない夫のクセ

休日でも早起きする。

(39歳/情報・IT/技術職) 寝相の悪さ。

(34歳/自動車関連/秘書・アシスタント職) 親にすぐチクる。

(30歳/小売店/事務系専門職)

気づかなかった、生活のなかの細かいクセ。愛情がたっぷりある間は気にならないことも、日常になってきた途端に一気にイヤになりがちです。直してもらいたいけれど、たぶん直らないんでしょうね。がっくりするたびに、ため息をつくのがクセになりそう……。

まとめ

「マザコンだった」「コレクター気質だった」など、結婚前には気づかなかった夫の性格を発見した経験のある妻が多数でした。相手のことをよくわかって結婚を決めたつもりでも、意外と知らないことってあるものですね。この発見が、悪い方向にいかないように祈ります。

マイナビ子育て調べ

調査日時:2020年12月11日〜2021年1月1日

調査人数:143人(22歳〜40代までのママ)

(マイナビ子育て編集部)