コロナ禍に突入して早一年以上。コロナの影響を受けていても毎日の生活は続きます。今回は「コロナ禍だからこそ、新たに購入したもの」を調査! みなさんが購入した商品を、アンケート結果から見ていきましょう。

コロナ禍だからこそ購入した、という商品はありますか?

「コロナ禍だからこそ購入した、という商品はありますか?」という問いに対し、「はい」と答えた人は45%、「いいえ」と答えた人は55%でした。「はい」と答えた人の購入した商品を詳しくご紹介します。

コロナ禍だからこそ購入した商品は?

感染予防グッズ

マスク、消毒液などの予備を持つようになった。

(40歳以上/その他/主婦) 消毒のためのアルコール除去剤や、泡で出るタイプのハンドソープ、ウェットティシューなど。あと布マスク。

(37歳/その他/求職中)

やはり多かったのが、マスクや消毒液などの感染予防対策グッズ。コロナ禍でなくても小さい子どもを育てているご家庭では、消毒グッズやウェットティシューが必需品ではありますが、その購入量や購入頻度が増えたという人が多くいました。2020年の春ごろはマスクが品切れになる現象もありましたが、用心して予備を購入しているという人も多かったようです。

おうち時間を楽しむもの

U-NEXTに入会、動画鑑賞を家族で楽しむため。

(40歳以上/その他/アルバイト) 読書のための本など。

(40歳以上/公務員・団体職員/その他) 新しくパソコンを購入しました。家での時間を楽しむためです。

(33歳/公務員・団体職員/販売職・サービス系)

自宅で過ごす時間が増えたため、おうち時間を楽しむためのものを購入した人も多かったようです。有料動画サイトは家族が多くてもそれぞれが好きなものを選んで観ることができるので、いいですよね。外出が多いと難しい読書がゆっくりできるのも、おうち時間の楽しみです。自粛と考えるとつらいこともありますが、おうち時間を工夫して快適に過ごしたいですね。

運動不足解消グッズ

トランポリンで運動不足の解消。

(35歳/医療・福祉・介護サービス/専門職) フィットネスゲーム。

(38歳/その他/主婦)

外出が難しいコロナ禍で気になるのが運動不足。その運動不足を解消するためのグッズを購入したという人もいたようです。トランポリンやフィットネスゲームなら家族ともシェアできて、みんなで体を鍛えられそうですね。

子どもと一緒に遊べるもの

お菓子作りの材料。子どもが家で楽しめるように。

(40歳/その他/専業主婦) 子どもと家で遊べるもの。UNOやリバーシなど。

(40歳以上/その他/アルバイト)

一日中家の中にいるとなると、子どももだんだん飽きてきてしまいます。外に出かけたりお友だちと遊んだりしたいのに、じっとしていなければならないのも気の毒。そのため、子どもと一緒に遊べるグッズやゲームなどを購入した家庭も多かったようです。

コロナ禍以前はなんだか忙しくて、なかなか子どもと一緒に遊ぶ機会を作れなかった家庭もあるでしょう。おうち時間が多い今のタイミングは、親子の絆を深める絶好のチャンスですね。

自宅を快適にするもの

なかなか温泉旅行もできないので、入浴剤を大量買いして毎日選んで入れてリフレッシュしています。

(40歳以上/その他/主婦) ちょっと高級な空気清浄機を購入しました。

(38歳/教育/専門職) 部屋の雰囲気を明るくするために、ラグマットを変えた

(40歳以上/食品/販売職・サービス系)

自宅での時間を快適に過ごすためのものを購入した、という声もありました。不安定な社会情勢で気持ちが少し落ち込んでしまっても、自宅が快適になれば気分がよくなり、過ごしやすくなりますね。

まとめ

コロナ禍を乗り切るためには、自分や家族の環境を整えることも大切です。仕事や家庭の状況もさまざまですが、それぞれに合った物を購入して、少しでも楽しく快適な時間が増えるといいですね。特に購入したものがないと答えた人も半分以上いましたが、この結果を参考に購入を検討してみるのもいいかもしれませんね。

(マイナビ子育て編集部)

◆アンケート情報 調査時期:2021年2月9日 調査対象:マイナビニュース会員、既婚女性 調査数:135名

調査方法:インターネットログイン式アンケート

※マイナビニュース会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)