手軽に作って食べられるパスタ。大人も子どももパスタ好きは多いですよね。今回は、パスタソースの味に合わせて食べたいサラダの具材を考えてみました。おうちパスタの時の献立に悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

こんにちは、ライフオーガナイザー®門傳(もんでん )奈々です。

ランチやディナーに手軽に作れるパスタは、忙しい人にとっての強い味方でもありますよね!そして最近は、市販のパスタソースもバリエーションが豊富なので、その時々で食べたい味が手軽に楽しめます。

そんなバリエーション豊かなパスタソースに合わせて、サラダの具材も変えてみませんか。気軽におうち外食を楽しんでみましょう!

ナポリタンには洋食屋風の定番サラダを添えて

ナポリタンとサラダの組み合わせは洋食屋の雰囲気を感じさせてくれます。

昔ながらの洋食屋にあるようなナポリタン。懐かしい味で美味しいですよね。ケチャップをたっぷり使って手作りするのもいいですし、最近は冷凍食品でも手軽にナポリタンを楽しめますね。

そんなナポリタンに添えるのは、レタスに千切りキャベツやきゅうり、トマトを添えた定番の生野菜サラダが合いますよ♪ 甘さの強いナポリタンを食べた後には生野菜でお口の中をさっぱりとさせましょう。

トレーなどにナポリタンとサラダを一緒に乗せれば、おうちで洋食屋気分が味わえて楽しいですね。

クリーム系にはさっぱりとしたサラダを

こってりとした味の箸休めとしても香味野菜のサラダはぴったりです。

自宅で作るのはなかなかハードルが高いクリーム系のパスタですが、冷凍パスタや市販のパスタソースを使用すれば気軽に楽しめます。

クリームパスタはこってりとした味が特徴的です。そんなこってり味のクリームパスタを中和してくれるのは、さっぱり味のサラダ。さっぱり味のサラダに使用する野菜は、クレソンやセロリがおすすめ。

レタスにクレソン、トマトを添えたサラダはクリーム系のパスタの箸休めにぴったりです!

ペペロンチーノに添えるのは、具材を感じるポテトサラダ

具の少ないペペロンチーノパスタにはポテトサラダで具材を感じて。

食欲をそそるペペロンチーノソース。自宅でもオリーブオイル、にんにく、塩、鷹の爪があれば簡単に作れます。

ペペロンチーノのパスタ自体は具材が少ないので、合わせるサラダに具材をたっぷり使いましょう。

このパスタに添えるのにおすすめなのは、ポテトサラダ!

ペペロンチーノのパスタには具材がほとんどないため、サラダで具材をたっぷり使います。レンチンしたジャガイモを熱いうちにつぶし、きゅうりやコーンを合わせるだけの簡単ポテサラは、パスタにもぴったりです。

塩レモンパスタにはエビとブロッコリーのサラダを

エビとブロッコリーは塩レモンパスタソースとも相性がよいです。

我が家で大人も子どもも大好きなのが、カルディの「塩レモンパスタソース」です。レモンの酸味が穏やかで子どもにも食べやすいようです。にんにくとレモンの効いたソースが食欲をそそります!

このパスタに添えるのは、エビとブロッコリーを茹でてマヨネーズと和えたサラダです。下処理済みの冷凍エビを使えば、好きな分だけブロッコリーと一緒に茹でられるので便利です。

また、エビ、ブロッコリーを多めに茹でて、塩レモンパスタソースと合わせるのもおすすめ。エビとブロッコリーはこのソースと相性抜群!

ランチにパスタを作ると同時に夜ご飯のおかずも一品同作ってしまいましょう!

ついつい寄り道したくなる! カルディで購入するオススメ定番品
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/9361/preview

和風パスタに合う!水菜のサラダ

和風パスタには水菜のサラダをポン酢でどうぞ。

いつものパスタのお味に飽きてきたら、和風パスタにするのもおすすめ!

我が家で「和風パスタ」というと、市販の「お吸い物の素」とオリーブオイルを茹でたパスタに絡めて作る和風パスタが定番です。これに大根おろしを加えても美味しいですよ。

そんな和風サラダにはさっぱりとした水菜のサラダをおすすめします! 水菜を洗ってカットし、かつお節を添えたら出来上がり。ポン酢でさっぱりと食べられて美味しいです。

まとめ

おうち時間が増え、料理をする機会も増えたのではないでしょうか? 今回ご紹介したサラダでバリエーションを楽しむパスタ献立が参考になれば幸いです。