バラエティ「全知的おせっかい視点」“強いお姉さん”Jessiがおだやかな“反転魅力”を発散した。

 9月19日に放送されたMBCのバラエティ「全知的おせっかい視点」では、Jessiが愛嬌溢れるありのままの“ヒョンジュ”の姿で過ごす日常を公開した。

 この日、Jessiのマネージャーは「周りからJessiさんのマネージャーは大変じゃないかとよく聞かれるが、直接経験してみると、大変な人ではなく簡単な人だった。 全く気難しくない」という情報を提供し、スタジオのメンバーは疑いの目を向けた。 続いてマネージャーは「人々はJessiさんに対して勘違いしていることが多い」と力を込めて話し、好奇心を刺激した。

 続いて公開されたJessiの普段の姿は、マネージャーの言葉通り、反転そのものだった。濃いメイクの裏に隠れていた化粧気のないJessiの清純なすっぴんが驚きを与えた。特にJessiは舌足らずの愛嬌たっぷりの声でペットを上手に扱い、スタジオを騒がせた。 自らを“ママ”と呼ぶ母性愛に満ちた姿が普段のカリスマあふれるJessiの姿とは180度違っていたのだ。

 みんなが驚いた“反転魅力”にJessiのマネージャーは「Jessiさんは愛嬌を振りまくのを気味悪く思いながらも、本人は自分が愛嬌が多いことを知らない」と言って笑いを誘った。このように、どこにも見られなかったJessiのラブリーな魅力が視聴者の口元をいっそう引き上げた。

 この中、Jessiのマネージャーは驚くべき“高段者”ケアでJessiをエスコートして感嘆を誘った。 称賛の嵐で終始Jessiの気分を良くし、Jessiが好きな甘い缶コーヒーを車に取りそろえておくセンスで注目を集めた。 また、Jessiに予定されたスケジュールよりも10~20分早い時間を知らせ、忙しい日程の中でも一度も遅刻したことがないという。

 一方でJessiの率直な話術はスタジオを爆笑で焦土化した。Jessiは「男らしい人、私を笑わせてくれる人が理想の異性」だと言いながらも、ユ・ミンサンとSLEEPYでは躊躇うことなくSLEEPYスリッピーを選び、MCたちを爆笑させた。 続けてJessiはMCのヤン・セヒョンと相克ケミストリーを作り上げ、特有のハイテンションでスタジオを思いのままに操って存在感を発揮した。

 SLEEPYはしょっぱいイメージから脱皮し、高架道路ビューが目立つハンナム(漢南)洞のスウェグを誇示して視線を集めた。しかし、すぐに94年式のクラシックカーを公開し、そのしょっぱさと驚きを同時に与えた。60万ウォンで購入したSLEEPYのクラシックカーはすべて手動なのはもちろん、カセットテープ、フィルターのないエアコンで遺物レベルのレトロな感性を表現した。続いてSLEEPYは親友であるDinDinと歴代級の笑い話で大笑いしたり、所属事務所の代表からスタイリストまで1人3役をこなす縦横無尽な姿で視聴者の視線を集中させた。

 一方、視聴率調査機関であるニールセンコリアによると、この日の「全知的おせっかい視点」広告関係者たちの主要指標である2049視聴率で3.5%(2部)となり、18週連続で同時間帯1位を守っている。 また、世帯視聴率も5.9%(首都圏基準、2部)の数値を記録し、同時間帯のバラエティ番組の中で1位をとなり、1分当たりの最高視聴率は6.2%まで跳ね上がった。 MBCのバラエティ「全知的おせっかい視点」は韓国で毎週土曜日の午後11時10分から放送されるている。