「BTS(防弾少年団)」の「Dynamite」ミュージックビデオ再生回数が8億回を突破した。

昨年8月21日に公開された同曲のミュージックビデオのYouTube再生回数が24日午後12時26分頃、8億回を達成。これは「BTS」の通算6作目となる8億回ミュージックビデオで、12月に7億回を達成してから約1か月で1億回を追加し、変わらぬ人気を見せている。

同曲は、新型コロナウイルスで大変な時期、希望のメッセージを届けようとした「BTS」ならではの「ヒーリングソング」で、明るく楽しいディスコポップジャンルの曲だ。「BTS」は「Dynamite」で、米国ビルボード「HOT100」チャート(9月5日付)で初登場1位を記録。最新チャート(1月23日付)でも35位にランクインし、6か月のロングヒットを続けている。

なお、「Dynamite」を含む「BTS」の億超えミュージックビデオは28作。11億回を記録した「DNA」と「Boy With Luv(Feat.Halsey)」、8億回の「FAKE LOVE」と「MIC Drop」リミックス、「IDOL」、「Dynamite」、6億回の「FIRE」、「血、汗、涙(Blood Sweat & Tears)」、「Dope」、5億回の「Save ME」、4億回の「Not Today」、3億回の「Boy In Luv」と「Spring Day」、 「ON」Kinetic Manifesto Film、2億回の「War of Hormone」、「I NEED U」、「ON」、「Black Swan」、「Life Goes On」、1億回の「Danger」、「Just One Day」、「We are bulletproof PT.2」、「RUN」、「Serendipity」、「Singularity」、「No More Dream」、「IDOL(Feat.Nicki Minaj)」、「Dynamite」B-sideなどがある。