韓国男性グループ「BTS(防弾少年団)」が日本新曲「Film out」で米ビルボード‘HOT100’チャートに進入した。

 今月13日(以下現地時間)に米国音楽専門媒体ビルボードが発表した最新チャート(4月17日付)によると「Film out」はメインシングルチャートの‘HOT100’で81位を記録した。これで「BTS」は「Dynamite」と「Life Goes On」に次いで「Film out」まで韓国語、英語、日本語など違う3つの言語の曲を相次いで‘HOT100’にチャートインさせる、珍奇的な歴史を刻んだ。

 「BTS」は昨年7月に発売した日本4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~」でメインアルバムチャートの‘ビルボード200’で14位(2020年8月22日付チャート)を記録したことはあるが、日本語の曲で‘HOT100’に上ったのは今回が初めてだ。

 今月2日に全世界に公開された「Film out」は恋する人に対する切ない歌詞が目立つバラードジャンルの曲でメンバージョングクが作曲に参加し、日本のロックバンド「back number」と呼吸を合わせたことで話題となった。

 「Film out」はビルボードの他のチャートにも進入し、同時に好成績を取った。‘デジタルソングセールス’チャートでは1位を記録し、全世界200以上の国家/地域のストリーミングと販売量を集計し順位をつける‘ビルボードグローバル(米を除く)’で3位、‘ビルボードグローバル200’チャートでは5位を取った。

 「BTS」はアルバムでもビルボードチャートでその勢いを誇った。昨年11月に発売された「BE」はメインアルバムチャートの‘ビルボード200’で92位を記録し、‘ワールドアルバム’では1位を占めた。「BE」はまた‘トップカレントアルバムセールス’で13位、‘インディペンデントアルバム’で14位、‘トップアルバムセールス’で17位を各々記録した。昨年2月に発売した4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」は‘ビルボード200’チャートで119位となり、59週間連続してチャートインした。

 一方「BTS」はことし6月16日に「Film out」が収録された日本ベストアルバム「BTS, THE BEST」を発売する。このアルバムには「BTS」が2017年から4年間日本で発売したシングル、アルバム収録曲をはじめ、米ビルボードチャートで韓国歌手で初めて2週連続を含め、通算3回も‘HOT100’のトップとなった「Dynamite」など、計23曲が収録される予定だ。