※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

今日はドラマ「哲仁王后」の撮影裏話。動画2:07から最後まで。今回は、王妃ソヨンが厨房に立っているシーンから。
ジャガイモが輪切りで並んでいてドミノのように倒していくようだ。心配そうに「あ〜一回で成功したいな…」とつぶやくシン・ヘソン。撮影直前に祈りを捧げている。
撮影が始まると、見事にジャガイモのドミノ倒しが成功し、キャストたちも大盛り上がり。カットがかかると「ブラボ〜!」と声が上がる。


次は、ソヨンの水中シーンの撮影。
念入りに監督と話をしている。水中カメラマンと一緒にもぐるシン・ヘソンは、池に落ちて上がるソヨンの場面を演技。するとそこへ、1人で撮影していたキム・ジョンヒョンがやってくる。
そしてシン・ヘソンの水中演技のモニターを一緒にチェックしている。 次のシーンでは2人が一緒に水中シーンの演技をするため、キム・ジョンヒョンもプールの中へ。
水に慣れるため潜っているキム・ジョンヒョンだが、頭のお団子だけが出ていて、シン・ヘソンは掴んで遊んでいる。

かなり息がもっているようでなかなか上がってこないキム・ジョンヒョンにシン・ヘソンは驚いていた。
そしていよいよ2人が一緒に水中へ。気絶したソヨンを上に引っ張っていかなければいけないが、キム・ジョンヒョンの力が強すぎる様子。
「ジョンヒョンの力が強すぎて、私の代役は必要なさそうです(笑)」とシン・ヘソンは監督に話す。キム・ジョンヒョンもやる気で「任せてください」と頼もしい。

メイキングカメラを確認して、力自慢をし嬉しそうなキム・ジョンヒョン。順調に2人の水中シーンは撮影終了。

水中演技の様子をメイキングとして公開するのは珍しいかもしれない。キャストたちは衣装を着たままなので、動きにくさもあり、かつ演技もしながらとなると大変そうだ。
キム・ジョンヒョンは結構力持ちなようで、水中でソヨンを引き上げる場面ではスムーズにいった様子。2人は同い年ということもあり互いに信頼し合って演技をしているように見える。


●韓国ネットユーザーの反応●

「料理のシーンがすごく上手だった」
「水中シーンの撮影が大変そう」
「哲宗は水中でもカッコいい」
「2人の息があってる感じがする」
「水中の演技もスムーズにこなしていてさすがプロ」


●あらすじ●

tvNドラマ「哲仁王后」8話では、ソヨン(シン・ヘソン)の魂チェンジに異常兆候が感知される様子が描かれた。

 死の峠を越えたソヨンには変化が訪れた。現代から戻ってきてから“本体”のソヨンの記憶が戻り始めたのだった。以前と違って嗅覚を通じて記憶がよみがえり、ソヨンの感情に影響をおよぼした。哲宗(キム・ジョンヒョン)を恋い慕っていた本当のソヨンの感情と同期化したせいか、哲宗の優しい言動や眼差しにドキドキして悲しい家族史を持つ彼に哀れみさえも感じた。

 哲宗は意識を取り戻したと聞いてソヨンの実家を訪れた。お見舞いを口実にして、裏帳簿を隠してあるムングン(チョン・テス)の家を探索することにしたのだ。哲宗は家の中を見回し、高価な所蔵品や健康な体格の奴婢たちを注視した。

 哲宗は警戒が緩む夜に行動を開始した。哲宗はムングンの部屋の前で謎の人物に会った。一瞬でお互いの目標が同じだと把握した二人は、熾烈な争いを繰り広げている中、目覚めたソヨンが哲宗を助けるために尿瓶を投げたが失敗して哲宗に当たってしまった。

 謎の人物は、想定外のソヨンの登場によりその場を早く立ち去り、哲宗は正体が暴かれる危機に陥った。哲宗は廊下から聞こえる声に「今日は“ノータッチ”しない」とソヨンにキスをした。