意味のある30周年だ。韓国最高のMC、‘ユ様(ユ・ジェソク+神様)’ユ・ジェソクのギャグ人生30年を振り返る時間が設けられた。特に「無限挑戦」の廃止危機を止めてくれたキム・ヨンヒPDが出演してその裏話を伝え、笑いと感動を与えた。

 今月5日に放送されたtvN「ユ・クイズON THE BLOCK」ではユ・ジェソクのデビュー30週年特集で作られ、お笑い芸人ナム・チャンヒ、チ・ソクジン、キム・ヨンヒPDなど、ユ・ジェソクが好きな知人たちが出演した。

 キム・ヨンヒPDはユ・ジェソクとMBC 「!(ヌッキンピョ・感嘆符)」のコーナー「本本本 本を読みましょう」で共にした。キム・ヨンヒPDは爆発的な笑いを作らず気さくだったためユ・ジェソクをスカウトしたと話し周りを笑わせたりした。ユ・ジェソクはキム・ヨンヒPDと一緒にした「本を読みましょう」を振り返り「同じMCキム・ヨンマンがやっていることを多く見習った」と打ち明けたりした。

 またユ・ジェソクはキム・ヨンヒPDがMBCの芸能局長だった時代に「無限挑戦」を応援してくれたと感謝の言葉を伝えた。視聴率が低迷していたプログラム初期の時代にも「大丈夫。心配しないでやって」と応援してくれてその言葉が大きい力になったと話した。

 キム・ヨンヒPDは「出演者も心配するくらい視聴率が低かった。廃止しようという話も出た。自分も見たけど面白かった。面白いのに視聴者たちの視聴習慣のために視聴者たちが違うプログラムをずっと見ていた。だから編成責任者たちを説得した。他のプログラムは変えてもこれ(無限挑戦)は変えないと話した」と言い感動を与えたりもした。

 ユ・ジェソクは「その言葉一つが我々の力となった」と話し「過ぎたから話すけど感謝します」と話した。

 キム・ヨンヒPDのこのような話はユ・ジェソクだけでなく視聴者たちにも感動を与えた。特にキム・ヨンヒPDが自分のバッグからプレゼントを選ぶ場面が最高視聴率を記録した。

 この場面の視聴率は首都圏基準最高9.7%、全国基準最高8.3%を記録し大きい話題を集めた。