名前:ヨ・ジング
生年月日:1997年8月13日
血液型:O型
代表作:映画: 「サッド・ムービー」、「シリーズ多細胞少女」、「礼儀なき者たち」、「間違った出会い」、「霜花店(サンファジョム)」、「アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜」、「Mr,パーフェクト」、「ファイ悪魔に育てられた少年」、「タチャ〜神の手〜」、「私の心臓を撃て」、「西部戦線1953」、「代立軍ウォーリアーズ・オブ・ドーン」、「1987、ある闘いの真実」
 ドラマ:「レインボーロマンス」、「愛したい」、「淵蓋蘇文」、「ゲームの女王」、「H.T.I‐女性特別捜査官‐」、「イルジメ〜一枝梅」、「いかさま師」、「食客」、「恋は誰でもするものじゃない」、「幻の王女チャミョンゴ」、「太陽を飲み込め」、「名家」、「オレンジマーマレード」、「絶対彼氏。」、「スタートアップ:夢の扉」

子役出身として有名なヨ・ジング。数多くの作品に参加してきており、最近では日本でもドラマが配信されていることから日本国内でも注目を集め始めている。ヒットメーカーとも呼ばれている。


●ヨ・ジングの来歴は?
映画「サッド・ムービー」で8歳の時にデビューしたヨ・ジング。順調にキャリアを積み上げていき、中学生のときには、中学生と思えない演技力で視聴者を魅了した。そこから、最優秀子役賞や、新人男優賞など数多くの新人賞を総なめにした。いままでも順調に俳優として活躍を続けている。

●ヨ・ジングの熱愛報道は?
子役時代に共演したキム・ユジョンとのうわさがあった。「太陽を抱く月」で主人公とヒロイン役を演じたことによる噂のようだ。熱愛の事実はなく、大人になって共演するのが楽しみだとキム・ユジョン本人が語っている。
また、同じドラマで共演したキム・ソヒョンとの熱愛報道もあった。しかしこの情報について、キム・ソヒョン本人が「ヨ・ジングと私は話をしなくても通じ合える友人」と話していることから、事実ではないだろう。

理想の女性のタイプについては、「笑顔が可愛い、食べる時に楽しそうにする人」と過去のインタビューで話している。また、番組で「恋愛といえる恋愛をしたことがない」とも明かしている。彼女ができたら、素朴なデートをしてみたいそうだ。
結婚については、「大変な時、親身になって心配してくれて力になってくれる人がいい」と話している。

●ヨ・ジングの性格は?
もともとは内向的な性格だというヨ・ジング。幼いころ、母親とテレビを見ていると「自分もテレビに出てみたい」と話したことから両親が活動を後押ししたようだ。芸能活動をする中で明るい積極的な性格に変わっていったそうだ。ヨ・ジングは自身の性格について「熱しやすく冷めやすい」と話している。高校生になると周りは携帯電話を持ち始めるが、飽きてしまうという理由で持たなかったこともあった。また、撮影現場では周りの雰囲気を和ませるムードメーカーのような存在。しかし演技に関しては真面目に真摯にとらえているそうで、事前の準備をしっかりするほうだとのことだ。