末期の腹膜がんで現在闘病中であることを告白した、BoAの実兄でMV監督のクォン・スヌクが、「たくさんの応援ありがとうございます」と伝えた。

クォン・スヌクは12日、Instagramに「こんなに多くの方に応援していただけて、治療事例や病院、医者についても教えていただけるとは思いませんでした」とつづった。

さらに「僕もすぐ死ぬ気はありませんが、どのお医者さんもなぜか恐ろしいことを言うんです」とし、「『この病気が治ると思いますか?治る病気ではありません』、『抗がん剤治療を始めてよくなったことがありますか?ただ症状を軽くしているだけです』、『最近抗がん剤を変えましたが、抗がん剤にも耐性がついてしまったので、そろそろ心の準備が必要です。身辺整理を始めてください』、『患者さんの意志が強いのは分かりますが、体に様々な方法で苦痛を与えるより、楽にいけるようにしたほうが…』とそれぞれ別のお医者さんに言われました」と告白した。

そして「一番最近入院した時、そして他の病院の外来に行った時、僕の胸にくぎを打つような話を、僕の目の前で何事もないかのようにお話しされるので、まともな心情で生活することができませんでした。でも皆さんの応援とアドバイスで最後まで最善を尽くしてみようと思いました」と決意を伝えた。