歌手のイム・ヨンウンが別の区でも室内喫煙の罰金を支払った。

12日、所属事務所のニューエラプロジェクトが罰金の支払いについて発表した。

以下、ニューエラプロジェクト発表全文。

ニューエラプロジェクトはヘウンデ(海雲台)区の保健所に、我々が使用したノンニコチンの液体の成分表などを提出し、誠実に釈明しました。

これについて官庁は釈明内容を見て、ノンニコチンの液体だった説明にはなっているが、7か月前にプサン(釜山)で使用した液体と同一のものだという証明になっていないため、罰金を支払うように命じました。

法で規定された罰金の基準は、使用したタバコまたはニコチンが含まれているかどうかだと明示されています。しかし今回の罰金は行為に罰金がかけられたように思います。法の規定に合わない判断がされたのは残念です。しかしニューエラプロジェクトはこれ以上混乱を招かないために、異議を申し立てず、罰金を支払いました。

多くの方にご迷惑をお掛けし、申し訳ございませんでした。