ガールズグループ「NiziU」のリーダーMAKOがオンラインイベントの余韻をファンに伝えた。

12日夜にMAKOは公式インスタグラムを通じて、「2日間の余韻に浸って過ごす日々。私だけじゃないはず…」と興奮冷めやらぬ様子のコメントから投稿を切り出した。

さらに「やっぱりWithU(ファンクラブ名)は最高!! 2日間でまた一歩ずつ一歩ずつとWithUとの距離がギューーーーっと縮まりましたね〜」としながら、「こんなにも素敵なWithUに出会え、支えて頂き『NiziU』は本当に幸せです」と熱いファン愛を届けた。

そしてMAKOは「心から感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。頂いたさくらんぼはみんなで分けて食べました〜」という文で締めくくった。

「NiziU」は今月8日と9日の2日間、2ndシングル「Take a picture/Poppin’ Shakin’」の発売を記念したオンラインイベントを開催した。新型コロナウイルスの事態でのグループ結成やデビューを経験し、いまだにファンとの対面が実現していない彼女たちだが、オンラインでのサイン会やトークショーなどを通じて交流を図った。

MAKOが「距離を縮めた」と手ごたえを感じたように、参加したファンが発信したSNSでの投稿を見ると充実したひとときとなったことが垣間見えるイベントだったようだ。ゲームで賞品となったさくらんぼを結局メンバーで分け合ったという仲睦まじい様子も届けた。

投稿された写真では明るい笑顔いっぱいの自撮りや、RIO、RIKU、MAYUKAとのショットなどさまざまな表情をファンに届けた。

一方、「NiziU」は先月28日に「Poppin’ Shakin’」のMVが3千万回、今月7日に「Take a picture」のMVが5千万回の再生回数をYouTubeで記録した。公式チャンネルではメンバーがさまざまなミッションに挑むバラエティコンテンツ「NiziU Scout」も配信されており好評を博している。