女優のソ・イェジが人気賞を受賞したにもかかわらず、授賞式への不参加を決めた。

所属事務所のゴールドメダリスト側は12日、情報サイトmydailyに「ソ・イェジが『第57回百想芸術大賞』に個人の事情で参加できなくなった」と明らかにした。

今月3日から10日まで行われた「百想芸術大賞」のTikTok人気賞の投票結果、ソ・イェジは78万票で女性部門の1位を獲得した。全体の1位であり男性部門の1位は130万票の俳優キム・ソンホ。TikTok人気賞は最多得票を集めた男女それぞれ1人に授与される。

tvNドラマ「サイコだけど大丈夫」で候補に挙がったソ・イェジの女性部門1位の“疾走”は、投票期間中に大きな話題を集めた。最近浮き彫りになった論争により、「百想芸術大賞」への参加が不透明な状況の中で、人気賞受賞がソ・イェジにとっては皮肉な状況であるためだった。

ソ・イェジは俳優のキム・ジョンヒョンと過去熱愛当時、彼をコントロールしていたという疑惑を皮切りに、スタッフへのパワハラ、校内暴力、学歴詐称など数多くの論議に巻き込まれていた。この影響でソ・イェジは映画「明日の記憶」の試写会に参加しないなど、活動を暫定的に中断した状態。

これにソ・イェジが「百想芸術大賞」を通じて沈黙を破り、公式な席上に現れるかどうかに関心が集まったが、今回の不参加決定によりそれは見送られることになった。

一方、「第57回百想芸術大賞」は13日午後9時から韓国ではJTBC、JTBC2、JTBC4で同時中継され、TikTokでもグローバル生中継される。タレントのシン・ドンヨプ、元「Miss A」のスジがMCを務める。