歌手ハ・ソンウンが「ショー!音楽中心」カムバック舞台を繰り広げた。

12日放送されたMBC「ショー!音楽中心」で、最近5枚目のミニアルバム「Sneakers」で7か月ぶりに戻ってきたハ・ソンウンのカムバック舞台を飾った。

Sneakersはギリシャ神話の中で伝令の神であり、旅行の神ヘルメスのように翼がついたスニーカーを履き、自由に旅立ちたい気持ちを込めた曲。ハ・ソンウンの清涼な歌声が引き立つ曲だ。

番組ごとに新しいエンディングポーズを披露しているハ・ソンウンは、この日黄色のミニスニーカーで熟練したジャグリングを披露した。ジャグリングの後に、空に向けたハートを描いて見せた。曲名の「Sneakers(スニーカーズ)」を活用した多様なエンディング妖精に変身した。

一方、ハ・ソンウンはSBS「人気歌謡」とKBS「2021平和音楽会」をはじめ、ファンサイン会まで出る活発な“Sneakers”活動を続けていく予定だ。