韓国で元芸能記者ユーチューバー(YouTuber)として知られるキム・ヨンホ氏が、相次いで女優ハン・イェスル(39)に関する過去を暴露。今回は「クラブで最もだらしなく遊んでいた芸能人」と暴露した。

 キム・ヨンホ氏は16日、YouTubeチャンネルに掲載した動画で「先日『ムイン』に注目すべきだと言った」と前置きした上で、『ムイン』とは、『バーニングサン(※)』系列クラブ。バーニングサンにはハロウィンパーティーの時期に一度行ったと(ハン・イェスルは)釈明していたが、彼女はデビュー当初からクラブ通いに明け暮れる人として有名だった。義務警察からの通報があったほどだ。ドラマ『ファンタスティック・カップル』で知名度があがった時も、『クラブで最もだらしなく遊ぶ芸能人はH(=ハン・イェスル)で、男性モデルたちと一緒に来ては個室で”何か”をする』と言われていた」と主張。

 また、ハン・イェスルが現在交際中の男性について「彼氏はホスト出身ではない、カラオケ(遊興施設)で出会った」と説明したことについてキム・ヨンホ氏は「この言葉を風俗業関係者が聞くと鼻で笑う。カラオケで働いている人物にインタビューすると『ハン・イェスルの釈明を訂正してやりたい』と言っていた」と暴露した。

 これを前にハン・イェスルは去る9日、キム・ヨンホ氏の暴露に対し自身のYouTubeチャンネルで解明。

 この映像でハン・イェスルは「確認されていない虚偽の事実で、他人の人生を踏みにじる無差別な暴行は殺人未遂と何が違うのでしょう」とし、「キャリアやイメージ、努力したすべてがデマにより崩されたら、その人の状態がどうなるのか。肉体的な暴力だけが暴力なのではなく、精神的な暴力もひどい。このようなレベルの暴力は単なる暴力ではなく、殺人未遂だと思う」と主張し、キム・ヨンホ氏に対抗していた。

※バーニング・サン=ソウルのホテル内にあったナイトクラブ。2018年11月に起きた暴行事件を発端とする疑惑や「BIGBANG」の元メンバーV.Iが関与していたことなどから大スキャンダルに発展した場所である。