グループ「SEVENTEEN」がカムバック直後、全世界の音楽チャートを揺さぶった。

「SEVENTEEN」は18日午後6時、8thミニアルバム「Your Choice」を発売した。所属事務所のPledisエンタテインメントによると、アルバムのタイトル曲である「Ready to love」は公開以降、韓国国内音楽サイトGenieのリアルタイムチャートで1位になった。日本の音源サイトLINE MUSICでも1位を達成し、AWAでは1位は勿論、収録曲の「Heaven’s Cloud」と「Anyone」で2、3位まで達成した。

音盤のパワーも違った。韓国国内の音盤販売量集計サイト、ハントチャートによると「SEVENTEEN」の今回のアルバムは、初日だけで88万枚以上が販売されたと集計された。「SEVENTEEN」はハントチャートリアルタイム音盤ランキングの1位を記録し、存在感を見せつけた。

続けて今回のアルバムは香港、日本、シンガポールなど18の国や地域のiTunesアルバムチャートで1位になった。タイトル曲「Ready to love」はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイなど22個の地域でソングチャートの1位になった。

それだけでなく「SEVENTEEN」はiTunesグローバルデジタルアーティストランキングで5位に名前を乗せ、「Ready to love」でワールドワイドiTunesソングチャート1位、アルバム「Your Choice」でワールドワイドiTunesアルバムチャート4位を記録し、華麗な帰還を知らせた。

「SEVENTEEN」は新曲「Ready to love」で活発な活動に出る予定だ。