ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が新曲「Permission to Dance」でアメリカ・ビルボードの「HOT100」の2週連続1位に挑む。

「BTS」の「Permission to Dance」は先週、ビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で1位にランクインし、7週間1位を獲得した「Butter」と首位をバトンタッチした。

ビルボードによると、「Permission to Dance」は「HOT100」チャートの62年の歴史を通じて、1,126番目の1位曲であり、55番目の“ホット・ショット1位(発売直後に1位にチャートインすること)”曲として記録された。

一組のアーティストが自身の楽曲で、「HOT100」の1位を繋いだのは、2018年にアメリカのシンガードレイク(Drake)以来3年ぶり。

グループとしては「ザ・ビートルズ(The Beatles)」(1964年)、「ボーイズ2メン(Boyz 2 Men)」(1994年)、「アウトキャスト(OutKast)」(2004年)、「ブラック・アイド・ピーズ(The Black Eyed Peas)」(2009年)以来5組目。

「BTS」は自主的に13回目の「HOT100」の1位という大記録も達成した。

「BTS」は現在まで「Butter」(7回)、「Dynamite」(3回)、「Permission to Dance」(1回)、フィーチャリング曲「Savage Love(Laxed – Siren Beat) 」のリミックス(1回)、韓国語曲「Life Goes On」(1回)の13度「HOT100」の1位を獲得した。

また昨年8月にリリースした「Dynamite」以後発売する楽曲ごとに「HOT100」の1位入りを果たすという快挙も成し遂げた。

「Butter」の勢いを受け、「Permission to Dance」が2週連続「HOT100」の1位を達成するのかにも関心事である。

「Permission to Dance」は「Butter」に並みのイージーリスニングナンバーとして、老若男女幅広い層から愛されている。

パフォーマンスに盛り込まれた手話の振り付けも注目され人気上昇中だ。

最近はYouTubeのショート動画で「Permission to Dance Challenge」が展開され、全世界のユーチューバーから熱い関心を呼んでいる状況。

「Permission to Dance」が2週連続「HOT100」の1位を占め、「Butter」に負けないヒット曲として定着することができるか、その成り行きが注目される。