モデルのイ・ヘジョンが俳優のソン・ジュンギとの親交を明かした。

28日夜に韓国で放送されたMBCのバラエティ番組「ラジオスター」には、お笑いタレントのチョ・セホ、兄妹デュオ「AKMU」のメンバー、イ・チャンヒョクやモデルのイ・ヘジョン、スタイリストのキム・ソンイルがゲストとして出演した。

ドラマ「ヴィンチェンツォ」を通じて俳優デビューしたイ・ヘジョンは、「映画『ボゴタ』の縁で夫がソン・ジュンギと親しい」とし、夫で俳優のイ・ヒジュンに言及した。

さらにイ・ヘジョンは「私が演技の授業を受けている事を知り、ソン・ジュンギが直々監督に推薦してくれた。育児のためストレスが多くて、ヘアスタイルに変化を与えたくて赤く染めた日、ソン・ジュンギから連絡が来た。小さな役だと思ったが、台本を読んだら登場シーンが多かった」と付け加えた。

また「初めて一人で足を運んだドラマの撮影現場だった。早朝3時に撮影をした。ソン・ジュンギは(その日は)すべて撮り終えて帰っても良かったが、(緊張する自分のために)目が充血するまで待ってくれた。ありがたかった」と振り返り注目を集めた。