アジア合作K-POPグループ「SKYLE」がデビューした。

「SKYLE」(イェリン、チェヒョン、ジニ、ウジョン)は4日、タイトル曲「天使の翼を私に下さい」が収録されたデビューシングルアルバム「FLY UP HIGH」をリリースした。

デビュー曲「天使の翼を私に下さい」は中毒性の強いメロディーや強烈なビートが調和したダンスナンバー。「SKYLE」のパワフルなボーカルや個性的なラップが印象的。

所属事務所のGood Luck Entertainmentによると、歌詞は重みのあるメッセージを盛り込んだ。社会的通念や他人の視線(闇で表現)に、閉ざされた青春に“完全な私”(天使の翼で表現)を探そうと励ます内容。

ともに公開されたMVもグループや楽曲の世界観を表現した。「SKYLE」が抑圧の仮面を脱ぎ、自由の王冠を被るストーリーが盛り込まれた。パワフルでキレのある群舞もMVの見どころだ。

所属事務所側は「『SKYLE』の世界観は“Put on a crown(王冠を被る)”で、成長したクイーン(完成形のアイドル)としてファンに会うという意味。アルバムごとに成長したクイーンの姿を期待してほしい」と呼びかけた。

「SKYLE」は韓国や香港などアジアのエンターテインメント会社が合作したK-POPガールズグループ。平均身長169cmのモデルたちで、メンバー全員が歌やダンススキルがピカイチの実力派グループ。

グループ名は“(S)how the (K)inetic & (Y)outh (L)eading a new (E)pisode”の略で、「青春の美しい活動が始まる。K-POPの新しいページを開き完成させる」という意味を盛り込んだ。