サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から誕生したグローバルボーイズグループ「INI」が、韓国から日本に帰国した。

 韓国での全てのスケジュールを終えた「INI」メンバーは、27日午前、仁川国際空港第1ターミナルに姿を現した。

 メンバーは午前8時頃に仁川国際空港に到着し、多くのスタッフと共に出国手続きをするため中に入っていった。

 帽子をかぶってマスクを着用したメンバーたちは少し疲れた様子で、スタッフの案内に従って手続きを進め、日本に到着すると2週間の自宅隔離に入るとみられる。

 「INI」は、26日に開催されたMnet「KCON:TACT5」に出演し、世界中のファンとコミュニケーションを取りながら、素晴らしいステージで魅了した。

 一方、「INI」は11月3日にデビューシングル「A」を発表し、ファン投票で決まった「Rocketeer」と、「Brighter」のダブルリード曲で本格的なデビューを飾る予定になっている。