女優のムン・ガヨン、俳優のナ・インウ(ナ・イヌ)、「ASTRO」のチャ・ウヌ、「NU’EST」のファン・ミンヒョンなど大韓民国の20代を代表する俳優たちが「2021 Asia Artist Awards」に出席を確定した。

ムン・ガヨン、ナ・インウ、チャ・ウヌ、ファン・ミンヒョンが12月2日(木)に開かれる「2021 Asia Artist Awards」に出撃を予告し、華やかな授賞式の雰囲気を熱く盛り上げる。

20代を代表する女優ムン・ガヨンは2006年の映画「師の恩」でデビューし、どの語映画「殺人漫画」、「チャンス商会〜初恋を探して〜」、「カッター」をはじめに、ドラマ「魔女宝鑑 〜ホジュン、若き日の恋」、「偉大な誘惑者」、「ウラチャチャ!? 〜男女6人恋のバトル〜」、「その男の記憶法」、「女神降臨」などに出演し、主演俳優として確実に定着した。ことし初めに人気のうちに終了した「女神降臨」では、外見のために仲間はずれにされるが、メイクアップという魔法を通じて女神に生まれ変わったイム・ジュギョン役を務め、繊細な感情演技はもちろん、チャ・ウヌとときめきいっぱいなロマンスを描き出し好評を得た。

2013年にミュージカル「僕らのイケメン青果店」でデビューしたナ・インウは、ドラマ「黄金のポケット」、「花道だけ歩きましょう 〜恋の花が咲きました〜」、「夏よ、お願い」、「サンガプ屋台」、「哲仁王后」、「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」、「遠くから見ると青い春」などで大衆に自身の名前を確実に刻み込んだ。特に「王女ピョンガン 月が浮かぶ川」で「第57回百想芸術大賞」のテレビ部門の男性新人演技賞にノミネートされ、大衆性と演技力をいずれも立証した。これにドラマ「ジンクスの恋人」でソヒョン(少女時代)と演技タッグを組む彼がどんな姿を披露するのか期待を集める。

チャ・ウヌはグループ「ASTRO」のメンバーであり自他ともに認める“顔の天才”で、少女マンガから飛び出してきたようなビジュアルで俳優として活発に活動をしている。ドラマ「私のIDはカンナム美人」、「新米史官ク・ヘリョン」、「女神降臨」などロマンスに“最適化”されたルックスで多くの女性ファンたちの心をときめかせたチャ・ウヌは、2022年に放送予定のドラマ「アイルランド」に出演のニュースを伝え、これまでとは異なる破格的な演技変身に乗り出す予定。

グループ「NU’EST」のメンバーとして2012年にデビューしたファン・ミンヒョンは、オーデション番組「PRODUCE 101 シーズン2」を通じてプロジェクトボーイズグループ「Wanna One」のメンバーとしても活発に活動し、大衆から多くの愛を受けた。その後、「NU’EST」のメンバーとして歌手活動を持続しながらミュージカル「マリー・アントワネット」、ドラマ「LIVE ON(ライブオン)」に出演し、俳優として活動範囲を広げた彼は、ドラマ「還魂」で視聴者たちと対面する計画。

ムン・ガヨン、ナ・インウ、チャ・ウヌ、ファン・ミンヒョンまで、「2021 Asia Artist Awards」に大挙出席を確定し、歴代級のラインナップがパワーアップし、授賞式への機会が高まっている。さらに「2021 Asia Artist Awards」のRET人気賞を決定する1次事前投票が今月13日(水)正午にオープンし、グローバルなファンたちの熱い関心が集中している。

STARNEWSとSTAR CONTINENTが主催し、Asia Artist Awards組織委員会、THE STAR PARTNERが共同主管する「2021 Asia Artist Awards」は12月2日(木)に開催される。