ガールズグループ「APRIL」が本日(28日)解散を公式発表した中、メンバーのイェナがこれに関連して、心境を明らかにした。

イェナは28日午後、Instagramのストーリーに「『APRIL』解散に対する立場表明」を発表した。

彼女は「本日付で『APRIL』が解散することになった」とし「グループ解散で、また多くの憶測と信じられないような言葉が出るのを未然に防ぐため、このように書くことにした」と述べた。

続けて「私たちが(いじめ)疑惑を認めて、または少しでもやましいことがあるという理由で解散するのでは、決してない」とし、元メンバーのイ・ヒョンジュへのいじめ疑惑を一蹴した。

イェナは「『APRIL』という名前が、あの日以来ひどく傷つき、傷がつく状況が続いている中で、会社と私たちメンバー共に、回復するのは困難だと判断した。現在の段階で最善の選択だと考え、解散という最後の選択をすることにした」と理由を説明した。

また彼女は、「それから、私は法的対応ももはや意味がないと判断した。約1年間、この騒動で精神的につらかった。そのような事実が一切なかったのに、そうでないことをどう証明すればいいのか、今はもう分からない」と吐露した。

続いて「法的な問題は、法解釈によって、悔しさがあってもまともに解決できないという経験を通じ、私の個人的な告訴は取り下げることにした。しかし、私の立場は今後も変わらない」と繰り返し述べた。

イェナは最後に「個人的に法定代理人を選任した状態であり、悪意のあるひどい書き込みや不確かなデマに対しては、強硬な対応する」と悪質な書き込みをする人に対し、警告するメッセージを残した。

一方、この日「APRIL」の所属事務所DSPメディアは「弊社とメンバーたちは長い間話し合い悩んだ末に、グループを解散してそれぞれの道を歩むことに決めました」と発表した。