俳優のソン・スンホンが格別な不動産投資実力で注目された。

28日に韓国で放送されたKBS2の情報番組「芸能ライブ」の「チャートを走る女性」コーナーでは、ビル投資で大きな収益を上げた芸能人たちの順位が公開された。

ソン・スンホンは最も多い収益を上げたスターに選ばれた。

「芸能ライブ」によると、ソン・スンホンは2006年にチャムウォンドン(蚕院洞)にあるビルを114億ウォン(約11屋4千万円)で購入した。このビルの相場は現在、350億ウォン(約35億円)に上昇した。

表にはカンナムデロ(江南大路)、裏には飲食店街、隣にはシンサ(新沙)駅がある立地条件がいいビルという評価だ。また2017年にシンサ駅にシンブンダン(新盆唐)線が追加されるという事実が一度伝えられ、その後ウィレ(慰礼)シンサ線まで追加されるというニュースまで加わり、ビルの相場が大きく跳ね上がったと「芸能ライブ」は伝えた。

ソン・スンホンはこのビルの裏側の建物も36億ウォン(約3億6千万円)で購入した。既存のビルを含め、合計購入価格は約150億ウォン(約15億円)だったわけだ。「芸能ライブ」に出演した不動産仲介業者は「今後建物を新築すれば1坪当たりの価格は3億ウォン(約3千万円)以上になると見込んでいる。全体面積が233坪であるため、700億ウォン(約70億円)以上の価値があると思う」と述べた。