1990年代、韓国で人気を博したグループ「Goofy」パク・ソンホと「Young Turks Club」チェ・スンミンがガールズグループの制作に取り掛かる。

 パク・ソンホとチェ・スンミンが共同代表を務めるオンウォンエンターテインメントは「2023年デビューを目標に7人組ガールズグループのローンチを準備している」と17日、明らかにした。

 差別化されたトレーニングとプロデューシングをもとにK-POPを代表するガールズグループを育てるというのが事務所側の説明だ。

 これまでパク・ソンホは「クレイジーな指」というニックネームで呼ばれ、人気グループ「Wanna One」や「OH MY GIRL」、「Apink」、「B1A4」、ヒョナなどたくさんのK-POPアーティストの楽曲作業を担い、高いプロデュース力を見せた。

 パク・ソンホは「長く記憶に残り、愛されるグループを輩出するのが目標」とし、チェ・スンミンは「BLACKPINKやaespaなど、K-POPと言えば思い浮かぶガールズグループがいる。彼女たちと同じラインに立てるようなグループをデビューさせる。特色あるグループを制作する」と意気込みを明かした。