韓国ドラマ「梨泰院クラス」の日本版リメイク「六本木クラス」に俳優の早乙女太一と鈴鹿央士が出演することが分かった。

 早乙女太一は長屋ホールディングス会長である長屋茂の長男・長屋龍河(ながや・りゅうが)役(韓国版:チャン・グンウォン<アン・ボヒョン扮>)を、鈴鹿央士は次男・長屋龍二(ながや・りゅうじ)役(韓国版:チャン・グンス<キム・ドンヒ扮>)を演じる。2人は異母兄弟で主人公の新を翻弄(ほんろう)する役どころだ。

 既に、宮部新(みやべ・あらた)役(韓国版:パク・セロイ<パク・ソジュン扮>)に竹内涼真、楠木優香(くすのき・ゆうか)役(韓国版:オ・スア<クォン・ナラ扮>)に新木優子、麻宮葵(あさみや・あおい)役(韓国版:チョ・イソ役<キム・ダミ扮>)に平手友梨奈(元欅坂46)がキャスティングされている。

 「六本木クラス」はテレビ朝日の木曜ドラマ枠(毎週木曜午後9時〜9時54分)にて7月期に放送される予定だ。

 一方、同名のウェブトゥーン(ウェブ漫画)を原作にしたドラマ「梨泰院クラス」は不合理な世界で固執と血気盛んな若者たちの創業神話を描いた作品。2020年に韓国JTBCで放映され、最高視聴率18.3%(ニールセンコリア、首都圏有料世帯)を記録した。韓国だけでなく日本でも大人気を博し、Netflixでの公開後、コンテンツ人気ランキング1位となり2年間TOP10内に名を連ねた。

 「六本木クラス」は韓国版を制作したSLL(前JTBCスタジオ)とカカオエンターテインメント、テレビ朝日が手掛ける共同プロジェクトだ。テレビ朝日が制作・放送し、SLL、カカオエンターテインメント、Kross Picturesが制作に参加して原作の経験を土台に完成度を高めていく。