飲酒運転事故を起こして自粛中の女優キム・セロンが、ディズニー+のオリジナルドラマ「キス・シックス・センス」に、特別な編集なく登場した。

 22日に放送された「キス・シックス・センス」第9話では、キム・セロンが映画監督イ・ピリョ(キム・ジソク扮)の映画「一日」の主人公として登場した。キム・セロンは、俳優イ・ジェウクと短く会話をしたあと、ロマンチックなキスをした。

 キム・セロンの分量は少なかったが、存在感は小さくはなかった。他人の唇に触れると、その人の未来が見える主人公ホン・イェスル(ソ・ジヘ扮)は、映画を見たあと「この映画を観終わって悟ったことがある。私は昔の私に戻りたくない。これからは同じ間違いはしないようにする」と語るからだ。

 これと関連し、「キス・シックス・センス」側は、「『キス・シックス・センス』は事前制作されたドラマだ。キム・セロンの撮影やドラマの編集は、事件発生前に完了している。残る2話でキム・セロンが直接登場するシーンはない」と明かした。

 一方、キム・セロンは先月18日の午前8時頃、ソウル・カンナム(江南)の交差点付近で酒に酔った状態で車を運転し、街路樹や変圧器などに衝突する事故を起こした。

 しかし、キム・セロンは血中アルコール濃度測定を拒否し、採血検査を要求した。以降、今月7日にキム・セロンの採血検査の結果、血中アルコール濃度約0.2%で免許取消しレベルであったことが確認された。