韓国ガールズグループ「aespa」が、アメリカLAで開かれたショーケースを成功的にに終えた。

「aespa」は、26〜27日の両日でLAユーチューブシアターで単独ショーケース「aespa Showcase SYNK in LA」を開催し、合計1万人の観客と会った。

当初、「aespa」はショーケースを1回のみ開催する計画だった。しかし、チケットがオープンすると同時に全席完売するなど反応が熱くなり、ショーケースの開催日をさらに1日増やした。

今回のショーケースで「aespa」は、「Next Level」、「Savage」など代表ヒット曲の舞台を繰り広げた。 7月8日に発売予定の新しいアルバム先行公開曲「Illusion」と初の英語シングル「Life’s Too Short」のステージも披露した。

所属事務所SMエンタテインメントは、「オープニングステージの時からすべての観客が立ち上がり、大合唱でメンバーたちのパフォーマンスに応え、爆発的な声援を送った」と現場の雰囲気を伝えた。

「aespa」は7月30日、韓国でファンミーティング「MY SYNK. aespa」を、8月6〜7日日本でショーケース「aespa JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022〜SYNK〜」を繰り広げ、ファンとの出会いを続ける。