韓国のゲーム開発会社「NCSOFT(エヌシーソフト)」が、K-POPグローバルプラットフォーム「UNIVERSE」の売却を進めている。リリースして2年も経っていないが、経済の不確実性が高まり、投資が必要な新事業を整理して本業であるゲーム事業に集中するための動きと見られている。

 29日、IT業界によると、NCSOFTはUNIVERSEを「カカオエンターテインメント」傘下の「STARSHIPエンターテインメント」に売却する案でカカオエンタ側と議論を進めているという。

 UNIVERSEは、NCSOFTが子会社「クラブ」を通じて昨年1月にリリースされたサービスで、クラブはNCSOFTのキム・テクジン代表の弟キム・テクホン首席副社長が率いている。

 UNIVERSEの利用者は、プラットフォームを通じてアーティストが掲載したものや最新の情報を確認し、プライベートメッセージ機能を通じてアーティストとコミュニケーションを図ることができる。

 現在、UNIVERSEには「IVE」、「MONSTA X」、カンダニエルなど多くのアーティストが活動しており、アプリの世界累積ダウンロード数は2400万件で韓国以外の国での利用率は89%となる。

 HYBE傘下WEVERSE COMPANYの「Weverse」とSMエンタテインメントの系列会社DEAR Uの「Bubble」に続く後発であふれる野心でリリースしたが、占有率争いでライバルから遅れる形となり、事業売却に至ったと分析されている。

 ただ、NCSOFTの関係者はこの件に関して「決まったことは何もない」と述べている。